さいとう動物病院 年中無休 夜11時まで

年中無休|深夜1時まで受付|CT完備

診察について

診察について

診療について

アメリカ専門医 認定医による診察を受けられます

診療のご案内

ワンちゃん、ネコちゃんの1年は人間にとっての数年に当たります

1年に1回の定期検診は健康状態の把握と病気の早期発見にとても有益です。
大切なご家族のため、定期的な健康チェックをお勧めしています。

診療動物

いぬ

ねこ

診療科のご紹介

当院では、外科認定医、腫瘍認定医、循環器認定医、皮膚科認定医、画像診断、東洋医療など月に1回完全予約制の各科専門外来を行っています!その子の状態やどのような治療方法があるかしっかりお伝えします。一般外来診療外科手術去勢・避妊手術歯石除去処置、予防医療としてワクチン接種フィラリア予防ノミダニの駆除定期検診なども行っています。

外科手術の手術件数は年間約500件以上行なっております。主な手術症例は整形外科、避妊、去勢手術、子宮蓄膿症、腸閉塞、帝王切開、胃切開、乳腺腫瘍摘出、内視鏡、スケーリングなどがあります。

専門外来

高度な手術も、症例経験数豊富な外科医が執刀

高瀬 雅行 先生
山下 弘太先生
東 一志先生

治りにくい皮膚疾患は専門医に相談を

アジア獣医皮膚科レジデント
今井 昭宏 先生

難病や慢性疾患も適切な検査と診断で闘病をサポート

アメリカ内科専門医
東京大学付属動物医療センター 特任准教授
佐藤雅彦先生

心臓・循環器は、早期発見と進行に合わせた治療開始が大事

循環器科認定医
木崎 皓太 先生

従来の治療にプラスアルファで先進医療の選択肢を

獣医師 副院長
齊藤 高行 先生

腫瘍こそ、適切な診断と治療計画が特に重要

腫瘍化認定医
竹内 猛 先生

一般的な西洋医療とは少し異なるアプローチだからこそできる治療

表参道アニマルケア・サロン フローラ 院長
中桐 由貴 先生

質の高い麻酔・疼痛管理を獣医療にも

米国獣医麻酔疼痛管理専門医
小田 彩子 先生

米国獣医救急集中治療専門医
Assistant Professor,
North Carolina State University
上田 悠 先生

ネコちゃんの診察・病気

ネコちゃんの10頭に1頭が感染しています犬から猫にうつる可能性もあり、発見が難しいとされています。

わずかフィラリア2匹が心臓へ寄生した事により突然死を起こした報告もあります。

ネコの死因第1位の病気、慢性腎不全

慢性腎不全は6歳以上の猫に多く、腎臓の組織が少しずつ破壊され、機能不全に陥ります。
慢性腎不全は猫の死因の中でもっとも多い病気です。

ネコちゃんの10歳の10頭に9頭が変性性関節疾患(DJD)になってしまい、痛み(慢性疼痛)を抱えています。

多くの飼い主が猫は「年をとった」と思い込み、知識や観察力のある飼い主でさえ変性性関節疾患で苦しんでいると認識できないことが多い病気です。

知らず知らずのうちに冒され、心臓の筋肉がどんどん厚くなってしまう心臓病、それが、猫の肥大型心筋症です。

猫の場合、調子が悪くてもじっとしていることが多く、また咳もめったにしないので 目立った症状がほとんど出ません。ひどくなると、突然後ろ足を激しく痛がり起き上がることもできなくなります。心臓の内部にできた血栓のために、後ろ足に血液がゆき渡らずに麻痺してしまうからです。

栄養管理

毎日の食事相談は栄養管理アドバイザーにお聞き下さい。

栄養管理アドバイザー認定資格者が、ワンちゃん、ネコちゃんなど大切なご家族に合った病気予防のアドバイスを行っています。

また、毎日の健康の基礎となるフードをお買い求めいただく際は、一度、実際にワンちゃん、ネコちゃんに味見をしてもらい、気に入ってもらったうえでご利用いただくようにしています。

投稿日:2014年10月23日 更新日:

お電話でのお問い合わせ