病院からのお知らせ

症例情報

症例情報

#53 脛骨遠位成長板骨折【整形外科】

投稿日:

10ヶ月齢の猫ちゃん、ケージの隙間に足が挟まってしまい、暴れた結果右の後ろ足を骨折してしまいました。レントゲン検査にて右脛骨の遠位成長板(骨の端にある、骨を作る部分)の骨折を認めました。外科的整復が必要な状態であり、飼主様とご相談の結果手術に進むこととなりました。

骨折した場所は脛骨の端っこであり、固定するにも小さなピンが何とか入るほどのスペースしかありませんでした。元通りの位置に骨折部位を整復し、クロスピン変法で固定しました。

術後は外固定も併用して管理しましたが、術後1ヶ月時点でほぼ元通り運動は可能であり、術後2ヶ月で完全に治療終了となりました。ピンを抜く必要もありませんでした。

 

脛骨遠位成長板骨折は#45の大腿骨遠位成長板骨折と同じように若齢の動物で発生が多く、猫でも多くは1歳以下での発生です。手術は従来、2本のピンで固定し、術後に外固定を2~4週間併用して安静管理する方法が主流でした。最近ではピンの数を増やすことで、術後の外固定をつけておく期間(約2日間)を短くできる報告もあります。今回の患者さんでは外固定も2週間併用しましたが、もっと短く済むかもしれません。動物にとってより負担が少なく、より安全で確実な治療ができるよう日々努力しています。

 

レントゲン画像

【術前】

 

【術後】

 

【参照文献】

Miraldo D, Salmelin B, Yeadon R. Feline Distal Tibial Physeal Fracture Repair Using a Modified Cross-Pin Technique with Four Pins. Veterinary and Comparative Orthopaedics and Traumatology 2020;33:220-226.

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

#13 褐色細胞腫【腫瘍外科】

今週はわんちゃんの褐色細胞腫の手術がありました。 褐色細胞腫というのは、副腎にできる腫瘍の1つです。副腎はお腹の中、左右の腎臓の横にそれぞれ1つずつ存在する小さな臓器(通常10mm×5mmくらい)で、 …

#46 前十字靭帯断裂【整形外科】

6ヶ月前からの右後肢の跛行を主訴に来院された3歳のミックス犬のわんちゃん。来院時には患肢を常に挙上しており、筋肉も重度に萎縮していました。整形学的検査、レントゲン検査、関節液検査を行った結果、右後肢の …

#16 橈尺骨骨折【整形外科】

今週は猫ちゃんの橈尺骨骨折の手術がありました。 10歳の猫ちゃんで、交通事故による左橈尺骨(前腕部分)の骨折を認めました。前腕部分には橈骨と尺骨という2本の骨がありますが、両者とも折れてしまっていたた …

#17 前十字靭帯損傷【整形外科】

今回は前十字靭帯断裂のわんちゃんの手術についてです。 12歳のわんちゃんで、急な跛行(びっこ)を主訴に来院され、左後肢の前十字靭帯損傷が疑われました。跛行が強く、飼主様と相談の結果外科的治療に進むこと …

#54 膝蓋骨内方脱臼(猫)【整形外科】

1歳半のベンガルの猫ちゃんが運動後からの左後肢の跛行を主訴に来院されました。触診、生計学的検査、レントゲン検査の結果、膝蓋骨内方脱臼(膝のお皿が大腿骨の上から横に外れる病気)と診断しました。重症度は4 …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ