さいとう動物病院富岡総合医療センター 年中無休 夜11時まで

年中無休|23時まで受付|CT完備

病院からのお知らせ

症例情報

症例情報

#49 前十字靭帯断裂【整形外科】

投稿日:

12歳の雑種のわんちゃん、左後肢の跛行を主訴に来院されました。触診、整形学的検査、レントゲン検査の結果、前十字靭帯の断裂と判断しました。足の痛みも強く重度の跛行(引きずること)が認められました。24kgと大きなわんちゃんで、まだまだお散歩も大好きな活動的で子であり、運動機能の回復を目指して外科手術に進むこととなりました。

関節内をよく検査すると、前十字靭帯は完全に断裂して炎症を起こし、内側半月板も割れてしまっていました。関節内をきれいに処置し、脛骨高平部水平化骨切術(TPLO)を実施しました。

本来術後は数日(当院ではだいたい3日程度)は入院で術後管理、疼痛管理を行いますが、やや不安を感じやすい子であり、飼い主様の希望もあって相談の結果手術翌日に退院し、通院での術後管理を行うことになりました。当院麻酔疼痛管理科の獣医師とも連携し、通院でのケアも大きな問題なく終え、元気に歩けるようになってくれました。先日術後3ヶ月が経過し、治療終了となりました。

 

 前十字靭帯断裂は犬の後肢に起きる整形疾患のうちでもとても多い部類に入ります。現時点で自然治癒は望めないため、外科的治療が第一選択とされており、様々な手術方法が提唱されています。その中でTPLOは最もデータが豊富な手術であり、現在の主流と言えます。しかしながら特殊な機器や経験が必要であり、術前計画や手術手技がしっかりしていないと目的通りの効果が得られないケースもあります。今回は大きなわんちゃんでしたが、特に小型犬での手術にはより注意が必要なこともわかっています。当院でも複数の獣医師、看護師でチームを組み、日々研鑽をつみながらより確実で安全な治療が提供できるよう努力しています。

【術前レントゲン】

【術後レントゲン】

 

【参照文献】

Mazdarani P, Gundersen R, Nielsen M, et al. Geometric modelling of error sources for tibial plateau levelling osteotomy in the dog. Research in Veterinary Science 2022;145:229-237.

 

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

#38 橈尺骨複雑骨折【整形外科】

2歳の猫ちゃん、ベランダから転落してしまい、橈尺骨(前腕の骨)の骨折を認めました。 幸いにも腕以外に大きなケガはありませんでしたが、橈骨は複雑骨折となっており、外科手術に進むこととなりました。 手術は …

#8 環軸不安定症【神経外科】

先週は環軸不安定症の手術がありました。 2歳のトイプードルのわんちゃんで、運動後急に立てなくなったとのことで来院されました。来院時点で意識状態には問題ありませんでしたが四肢不全麻痺(前肢後肢ともに起立 …

#43 脛骨骨折【整形外科】

2ヶ月齢の猫ちゃんが左後肢の跛行を主訴に来院されました。受傷の原因は分かりませんでしたが、左の脛骨および腓骨(スネの骨)が骨折してしまっていました。骨折部位は大きく変位してしまっており、整復手術に進む …

#31 前十字靭帯断裂【整形外科】

今回は8歳のチワワのわんちゃんで、1年前から続く右後肢の跛行を主訴に来院されました。右後肢は下腿部が内旋し、跛行及び間欠的な挙上を認めていました。検査の結果、膝蓋骨内方脱臼を伴う前十字靭帯疾患と診断し …

#16 橈尺骨骨折【整形外科】

今週は猫ちゃんの橈尺骨骨折の手術がありました。 10歳の猫ちゃんで、交通事故による左橈尺骨(前腕部分)の骨折を認めました。前腕部分には橈骨と尺骨という2本の骨がありますが、両者とも折れてしまっていたた …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ