さいとう動物病院富岡総合医療センター 年中無休 夜11時まで

年中無休|23時まで受付|CT完備

病院からのお知らせ

症例情報

症例情報

#43 脛骨骨折【整形外科】

投稿日:

2ヶ月齢の猫ちゃんが左後肢の跛行を主訴に来院されました。受傷の原因は分かりませんでしたが、左の脛骨および腓骨(スネの骨)が骨折してしまっていました。骨折部位は大きく変位してしまっており、整復手術に進むこととなりました。

骨折の整復手術では、近年ではプレートとスクリューを用いた固定方法が最も一般的です。しかしながら今回の患者さんは幼齢であり、骨がまだ成長途中でした。体内に残るプレート等を用いることは骨の成長に伴い問題が起こる可能性があるため、今回は創外固定という方法を選択しました。創外固定は骨に皮膚の外から数本のピンを通し、ピン同士を体の外で連結して固定する方法で、骨折部位に金属等の異物が入らないことから体本来の治癒力が損なわれず、早期の癒合が期待できます。さらに今回は皮膚を切開しない最小侵襲手術として整復を行ったため、骨や組織に与えるダメージを最小限にすることができました。

800gの小さな患者さんでしたが、麻酔も無事に乗り越えてくれ、当日夜から食事も摂れていました。骨折が着実に治りつつ、大きく成長してくれることを願っています。

 

通常の観血的整復および内固定(骨折部位の皮膚を切開し、骨を直接露出させて整復する方法)は骨の位置関係を正確に整復することは可能ですが、組織や骨にダメージを与えてしまうことで治癒力を低下させてしまいます。血行の維持、組織損傷の軽減を目的とした最小侵襲手術(可能な限り組織にダメージを与えない方法)は獣医整形外科領域においても徐々に広まりつつありますが、特殊な設備と技術が必要なためまだ一般的に普及はしていません。当院ではCアームと呼ばれる透視装置を導入し、動物の負担を少しでも少なくできるよう、最小侵襲手術にも取り組んでいます。

 

レントゲン画像

【術前】

 

【術後】

 

【参照文献】

Palmer RH. External fixators and minimally invasive osteosynthesis in small animal veterinary medicine. Veterinary Clinics: Small Animal Practice2012;42:913-934.

 

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

#30 膝蓋骨内方脱臼【整形外科】

わんちゃんの膝蓋骨内方脱臼の手術がありました。 7歳のトイプードルのわんちゃんで、右後肢の跛行(びっこ)を主訴に来院されました。 身体検査では右後肢の膝蓋骨(膝のお皿の骨)内方脱臼を認めました。鎮静下 …

#44 膝蓋骨内方脱臼【整形外科】

4ヶ月前になりますが、膝蓋骨内方脱臼の1歳半のトイプードルさん、後肢を挙上する(ケンケンする)との主訴で来院されました。両後肢ともに膝蓋骨内方脱臼を認め、重症度は4段階中の2(4が一番重症)でした。両 …

#22 レッグペルテス病【整形外科】

11ヶ月のわんちゃん、左後肢の跛行で来院されました。患肢は挙上している時間も多く、右後肢に比べ左後肢は筋量も低下していました。整形学的検査、レントゲン検査の結果、左大腿骨頭の骨折を認め、原因としてレッ …

#21 橈尺骨骨折【整形外科】

高所から飛び降りた後からの右前肢挙上を主訴に来院されたわんちゃん。3年前に他院で右橈尺骨(前腕の骨)骨折を治療してあり、これまで問題なく運動できていたとのことでした。レントゲンを撮影すると、以前に設置 …

#23 鎖肛【軟部外科】

当院には先天性の病気を持ったわんちゃん猫ちゃんも時折来院されます。 今回は1ヶ月齢の秋田犬のわんちゃんで、便が出ない、排便時に痛がるとの主訴で来院されました。本来肛門がある位置に穴がなく、鎖肛と診断し …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ