さいとう動物病院富岡総合医療センター 年中無休 夜11時まで

年中無休|23時まで受付|CT完備

病院からのお知らせ

症例情報

症例情報

#41 交通事故外傷【整形外科】

投稿日:

当院へは外傷患者もよく来院されます。特に猫の交通事故、落下事故は多発しており、集中治療が必要なケースも多々あります。

年齢は不明の猫ちゃんで、交通事故による外傷が疑われ来院されました。来院時意識状態は安定していましたが後肢は起立できませんでした。レントゲン検査の結果、左の骨盤骨折と右の大腿骨骨折が認められました。幸いにも腹腔内臓器や尿路の損傷は認められませんでした。

多発性外傷であり、手術は2回に分けて実施しました。全身状態を安定させた後に、まず骨盤骨折の手術を行いました。骨盤は左の寛骨と呼ばれる部分で粉砕骨折しており、ピン、ラグスクリュー、プレートを用いて固定しました。その2日後、今度は右大腿骨骨折をプレートロッド法(髄内ピンとプレートを併用する方法)で整復しました。

2回とも大きな手術となりましたが、米国獣医麻酔疼痛管理専門医の小田先生の元指導を受けた当院麻酔科獣医師の力もあり、徹底した疼痛管理と共に無事に麻酔、手術を乗り越えてくれました。術後経過もよく、無事に退院できました。

先日術後2ヶ月の検診に来院され、元気に生活してくれていました。

 

特に屋外で生活する猫では事故に遭遇する確率が高く、最も多いのは交通事故とされています。二次病院のデータでは交通事故で来院された患者のうち約16%が治療の甲斐なく死亡または安楽死となっており、治療を受けた際の合併症発生率も44%、中でもショック状態に陥ってしまった患者での死亡率は約21%と、とても高いことが報告されています。当院では夜間救急部も設置し可能な限り迅速に対応できるよう準備を整えていますが、何よりも事故に遭わないように生活をさせてあげることが第一であり、ご家族のご協力が動物を守る大きな力になると考えています。

 

【術前レントゲン】

【術後レントゲン】

 

【参照文献】

Hernon T, Gurney M, Gibson S. A retrospective study of feline trauma patients admitted to a referral centre. Journal of Small Animal Practice2018;59:243-247.

 

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

#39 前十字靭帯断裂【整形外科】

8歳のトイプードルのわんちゃん、以前から右後肢の前十字靭帯部分断裂を診断していましたが、症状が極めて軽かったため保存的に管理していました。今回急に左の後ろ足を痛がり出したとの主訴で来院されました。左後 …

#22 レッグペルテス病【整形外科】

11ヶ月のわんちゃん、左後肢の跛行で来院されました。患肢は挙上している時間も多く、右後肢に比べ左後肢は筋量も低下していました。整形学的検査、レントゲン検査の結果、左大腿骨頭の骨折を認め、原因としてレッ …

#34 橈尺骨骨折【整形外科】

先週は骨折の患者様が続きました。 10ヶ月のトイプードルのわんちゃんで、落下事故による橈尺骨(前腕の骨)の骨折を認めました。外固定での治療は難しく手術が第一選択と考えられ、飼主様と相談の結果手術に進む …

#13 褐色細胞腫【腫瘍外科】

今週はわんちゃんの褐色細胞腫の手術がありました。 褐色細胞腫というのは、副腎にできる腫瘍の1つです。副腎はお腹の中、左右の腎臓の横にそれぞれ1つずつ存在する小さな臓器(通常10mm×5mmくらい)で、 …

#40 前十字靭帯断裂【整形外科】

今回は5歳のウェルシュ・コーギーのわんちゃんです。散歩中に急に右の後ろ足を痛がり出したとのことで来院されました。来院時には足をほぼ着けられないくらい痛みがありました。触診の時点で右の膝関節が腫れており …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ