さいとう動物病院富岡総合医療センター 年中無休 夜11時まで

年中無休|23時まで受付|CT完備

病院からのお知らせ

症例情報

症例情報

症例37 前十字靭帯断裂【整形外科】

投稿日:

12歳4ヶ月の柴犬のわんちゃん、散歩中に左の後ろ足を痛めてしまい、来院されました。痛めた足はつま先だけしか地面に着けられない様子で、触診すると膝に痛みがあることがわかりました。整形学的検査、レントゲン検査、関節液検査を行い、前十字靭帯断裂と診断しました。比較的高齢のわんちゃんでしたが、まだまだ元気であり、もう一度楽しくお散歩させてあげたいというご家族の思いから手術に進むこととなりました。

 手術は全身麻酔で行います。当院の麻酔科医と連携し、局所麻酔も併用して疼痛管理を徹底して行うことで手術中にもほぼ痛がる様子もなく終えることができました。

手術中に関節内を探査すると、前十字靭帯は完全に断裂してしまっていましたが、幸い膝の骨と骨の間のクッションである半月板は損傷していませんでした。切れた靭帯を直接結んだり置き換えたりすることは動物ではまだ現実的な手法として確立していないため、現存の手法の中で最も信頼性のあるTPLOという手術を実施しました。

 術後の体調もよく、1週間後には患肢を使って歩いてくれていました。現在術後1ヶ月が経過していますが、痛みが解消できたようでほぼ違和感がないほど上手に歩いてくれています。

 

 前々回の報告でも書きましたが、イヌで大きな外傷が加わっていないにも関わらず前十字靭帯が切れてしまう原因はまだ完全に解明はされていません。何かしらの原因で靭帯の構造が変化して切れやすくなってしまうとされていますが、きっかけになるものは遺伝的要素、免疫介在性要因、構造的異常、内分泌的影響など様々な推測がなされているものの確定的ではありません。ニューファンドランド、ロトワイラー、ラブラドール、ブルドッグ、ボクサーなどが最も好発する犬種とされていますが、多くの犬種で発症します。現時点で発症を未然に防ぐことが難しいため、早く症状に気づき、治療に入っていくことが大切です。

 

【術前レントゲン】

【術後レントゲン】

 

【参照文献】

 Comerford E, Smith K, Hayashi K. Update on the aetiopathogenesis of canine cranial cruciate ligament disease. Veterinary and Comparative Orthopaedics and Traumatology 2011;24:91-98.

 

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

症例31 前十字靭帯断裂【整形外科】

今回は8歳のチワワのわんちゃんで、1年前から続く右後肢の跛行を主訴に来院されました。右後肢は下腿部が内旋し、跛行及び間欠的な挙上を認めていました。検査の結果、膝蓋骨内方脱臼を伴う前十字靭帯疾患と診断し …

症例10 膝蓋骨内方脱臼【整形外科】

今週は膝蓋骨内方脱臼のわんちゃんの手術がありました。 4歳のわんちゃんで、右後肢を挙上している(ケンケンしている)とのことで来院されました。身体検査で右膝のお皿の骨(膝蓋骨)が内側に外れる様子を確認し …

症例30 膝蓋骨内方脱臼【整形外科】

わんちゃんの膝蓋骨内方脱臼の手術がありました。 7歳のトイプードルのわんちゃんで、右後肢の跛行(びっこ)を主訴に来院されました。 身体検査では右後肢の膝蓋骨(膝のお皿の骨)内方脱臼を認めました。鎮静下 …

【術後】

症例2 上腕骨外顆骨折【整形外科】

散歩中に高所から飛び降り、その後左の前足を挙上するとのことで来院されたワンちゃん。 左の上腕骨の肘に接する部分に骨折を認め、外科手術を行いました。 関節に接する骨折は少しのズレが大きな影響となるため、 …

症例9 消化管内異物【救急科】

9ヶ月齢のヨークシャーテリアのわんちゃんで、嘔吐と元気食欲低下を主訴に夜間救急外来で来院されました。血液検査ではあまり大きな異常は認めませんでしたが、検査を進めていくと腹部レントゲン検査において消化管 …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ