さいとう動物病院富岡総合医療センター 年中無休 夜11時まで

年中無休|23時まで受付|CT完備

病院からのお知らせ

症例情報

症例情報

症例34 橈尺骨骨折【整形外科】

投稿日:

先週は骨折の患者様が続きました。

10ヶ月のトイプードルのわんちゃんで、落下事故による橈尺骨(前腕の骨)の骨折を認めました。外固定での治療は難しく手術が第一選択と考えられ、飼主様と相談の結果手術に進むこととなりました。

今回は橈骨のかなり遠位(先端の方)で骨折してしまっていたため、プレートやスクリューの設置に使える部分がとても少ない状態でしたが、T字型のチタン製ロッキングプレートを用いて固定することができました。

骨折の整復は比較的侵襲の強い手術となってしまいますが、当院麻酔科の松浦先生は米国獣医麻酔疼痛管理専門医の小田先生から直接指導を受けており、万全の疼痛管理を行い術中、術後の痛みも最小限に無事に手術を終えることができました。術後2日後には患肢を使いはじめてくれました。

 

小型犬、超小型犬ではこの橈尺骨の骨折が非常に多く、特に遠位1/3を含む領域での骨折が多く認められます。状況により、先端には2本しかスクリューを入れることができない場合もありますが、やはり3本または4本入れた方が特に捻れに対する抵抗力はますとされています。2本のみしか設置できない場合には固定力の強いロッキングシステムを使う、材質を剛性や強度の高いものにする、スクリューの設置箇所を工夫するなどが必要です。当院でもそれぞれの患者で異なる様々な状況に対応するため、プレートやスクリューも可能な限り準備しています。

 

レントゲン画像

【術前】

 

【術後】

 

【参照文献】

 Bird G, Glyde M, Hosgood G, et al. Effect of plate type and working length on a synthetic compressed juxta-articular fracture model. VCOT Open2020;3:e119-e128.

 

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

症例15 レッグペルテス病【整形外科】

今週はわんちゃんのレッグペルテス病に対する手術がありました。 去勢手術を予定し来院された7ヶ月のキャバリア・キングチャールズ・スパニエルのわんちゃんでしたが、お話を伺うと1、2ヶ月前から右後肢の跛行( …

症例3 前十字靭帯断裂【整形外科】

今週は犬の前十字靭帯断裂患者の手術を行いました。 8歳のトイプードルのわんちゃんで、散歩中に急に右後肢を跛行(びっこ)し始めたとのことで来院されました。検査の結果、前十字靭帯断裂と膝蓋骨内方脱臼を認め …

症例9 消化管内異物【救急科】

9ヶ月齢のヨークシャーテリアのわんちゃんで、嘔吐と元気食欲低下を主訴に夜間救急外来で来院されました。血液検査ではあまり大きな異常は認めませんでしたが、検査を進めていくと腹部レントゲン検査において消化管 …

症例6 前十字靭帯断裂【整形外科】

今週は前十字靭帯断裂のわんちゃんの手術が続きました。 15歳のわんちゃんで、左後肢を跛行(びっこ)しているとのことで来院されました。身体検査で左膝関節の不安定性(Drawer徴候、Tibial thr …

症例18 鎖肛【軟部外科】

今回は猫ちゃんの先天性疾患に対する手術がありました。生後1ヶ月の猫ちゃんで肛門がないとのことで来院され、鎖肛(生まれつき肛門がうまく形成されない疾患)と診断しました。本来の位置に肛門は認められませんで …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ