さいとう動物病院富岡総合医療センター 年中無休 夜11時まで

年中無休|23時まで受付|CT完備

病院からのお知らせ

症例情報

症例情報

症例30 膝蓋骨内方脱臼【整形外科】

投稿日:

わんちゃんの膝蓋骨内方脱臼の手術がありました。

7歳のトイプードルのわんちゃんで、右後肢の跛行(びっこ)を主訴に来院されました。

身体検査では右後肢の膝蓋骨(膝のお皿の骨)内方脱臼を認めました。鎮静下で整形学的検査及びX線学的検査を実施しましたが、検出された異常は膝蓋骨内方脱臼のみでした。しかしながら中年齢になってからの発症であることから何かしらの疼痛を悪化させた原因があると考え、相談の結果手術に進むこととなりました。

手術の際に膝関節内を探査すると、前十字靭帯は健常でしたが、内側滑車稜(膝の溝を作る山になっている部分)の摩耗、軟骨面の発赤を認めました。滑車溝形成術、脛骨粗面転移術などを組み合わせて実施しました。

手術に際して全身麻酔が必要となりますが、当院の麻酔医である松浦獣医師と連携を取りながら徹底した疼痛管理を行い無事に麻酔、手術を終えることができました。順調にいけば2,3ヶ月後には元通り運動ができるようになってくれるはずです。

 

膝蓋骨脱臼は、膝のお皿の骨が内側または外側に外れてしまう病気です。特に小型犬で多く発生し、内側への脱臼を多く認めます。指で押さないと外れない軽度のものから、常に外れっぱなしで戻そうとしても戻らないものまで程度は様々です。程度が軽いから治療しなくて良い、重いから手術が必要と、一律に基準が決まっているわけではありません。しかしながら膝蓋骨脱臼が原因で後肢の跛行や挙上を認める場合には、関節内に炎症や靭帯損傷、軟骨損傷などが起きている場合があります。そのため症状を呈している場合には外科手術を含めた治療について選択肢を提示させて頂くようにしています。特に中年齢で臨床症状を呈した場合には前十字靭帯の損傷や軟骨の摩耗が起きていることが多いため注意が必要です。また若齢時から程度が重たいわんちゃんでは、骨変形が起きてしまうこともあり、その場合は骨矯正手術や骨短縮手術が必要になることもあります。跛行や挙上、スキップなど、おかしいなと思うことがあれば当院獣医師までご相談ください。

 

【術前画像】

【術後画像】

【参照文献】

Nagahiro Y, Murakami S, Kamijo K, et al. Segmental Femoral Ostectomy for the Reconstruction of Femoropatellar Joint in Dogs with Grade IV Medial Patellar Luxation. Veterinary and Comparative Orthopaedics and Traumatology 2020;33:287-293.

 

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

症例24 前十字靭帯断裂【整形外科】

先週も前十字靭帯断裂のわんちゃんの手術がありました。 8歳のマルチーズのわんちゃんで、急な跛行(びっこ)を主訴に来院され、右後肢の前十字靭帯損傷が疑われました。不安定性が強く、外科的治療に進むこととな …

症例9 消化管内異物【救急科】

9ヶ月齢のヨークシャーテリアのわんちゃんで、嘔吐と元気食欲低下を主訴に夜間救急外来で来院されました。血液検査ではあまり大きな異常は認めませんでしたが、検査を進めていくと腹部レントゲン検査において消化管 …

症例8 環軸不安定症【神経外科】

先週は環軸不安定症の手術がありました。 2歳のトイプードルのわんちゃんで、運動後急に立てなくなったとのことで来院されました。来院時点で意識状態には問題ありませんでしたが四肢不全麻痺(前肢後肢ともに起立 …

症例26 前十字靭帯断裂【整形外科】

最近は前十字靭帯断裂のわんちゃんの来院が続いています。 11歳のわんちゃんで、左後肢の跛行(びっこ)を主訴に来院されました。身体検査、整形学的検査、レントゲン検査の結果、左後肢は膝蓋骨内方脱臼を伴う前 …

症例11 前十字靭帯断裂【整形外科】

今週も前十字靭帯断裂のわんちゃんの手術がありました。 13歳のわんちゃんで、左右両方の後肢の前十字靭帯損傷が疑われました。高齢のわんちゃんであり、どこまでの治療をしていくかとても悩ましいところでしたが …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ