さいとう動物病院富岡総合医療センター 年中無休 夜11時まで

年中無休|23時まで受付|CT完備

病院からのお知らせ

症例情報

症例情報

症例29 脛骨骨折【整形外科】

投稿日:

今回はわんちゃんの後肢の骨折です。

1歳の柴犬の男の子で、散歩中にジャンプし着地に失敗、その後から左後肢を痛がっているとのことで来院されました。レントゲン検査にて左脛骨(すねの骨)の骨折を認めました。幸いにも隣の腓骨には骨折を認めませんでしたが、検査の結果外科的治療が必要と判断し、手術に進むこととなりました。

手術は金属プレートを用いて内固定を行いました。性格も元気でよく動くわんちゃんだったため、術後の負荷耐性も踏まえて強固なプレートを選択しました。

米国獣医麻酔疼痛管理専門医である小田先生管理のもと、全身麻酔、疼痛管理を徹底して行い、術中、術後の痛みも最小限に無事に手術を終えることができました。術後3日で接地、歩行が可能となり、現在1ヶ月が経過し運動機能は完全に回復しています。レントゲンでも骨癒合が確認できました。

 

骨折は主に大きな外力(交通事故、落下事故など)に伴い発生します。小動物では骨折部位と折れ方によりますが、多くは治療に外科手術が必要となります。最も一般的な方法の1つはプレート固定と思われますが、手術が終わってすぐに骨折が治っているわけではありません。年齢により骨折の治癒速度は異なりますが成長期を過ぎた後の骨折では一般的に3〜6ヶ月の癒合期間を要するとされています。また癒合したと思われる骨でも実際には骨密度や生物学的アパタイトの配向は完全に回復していないことがあり、強度は弱い可能性があることも報告されています。骨折治療にはある程度時間がかかることを念頭に、治療についてお伝えさせていただくよう心がけています

 

レントゲン画像

【術前】

 

【術後】

 

【参照文献】

Piermattei DL, Flo GL, DeCamp CE. Brinker, Piermattei, and Flo’s handbook of small animal orthopedics and fracture repair. 4th ed. St. Louis, Mo.: Saunders/Elsevier, 2006.

Ishimoto T, Nakano T, Umakoshi Y, et al. Degree of biological apatite c‐axis orientation rather than bone mineral density controls mechanical function in bone regenerated using recombinant bone morphogenetic protein‐2. Journal of Bone and Mineral Research 2013;28:1170-1179.

 

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

症例22 レッグペルテス病【整形外科】

11ヶ月のわんちゃん、左後肢の跛行で来院されました。患肢は挙上している時間も多く、右後肢に比べ左後肢は筋量も低下していました。整形学的検査、レントゲン検査の結果、左大腿骨頭の骨折を認め、原因としてレッ …

症例5 橈尺骨骨折【整形外科】

先週に引き続き、今週も犬の橈尺骨骨折の手術がありました。 5ヶ月のトイプードルのわんちゃんで、体重は2kgと小さな子で下。落下後からの右前肢挙上のため来院され、検査の結果右橈尺骨(前腕部分)の骨折を認 …

症例23 鎖肛【軟部外科】

当院には先天性の病気を持ったわんちゃん猫ちゃんも時折来院されます。 今回は1ヶ月齢の秋田犬のわんちゃんで、便が出ない、排便時に痛がるとの主訴で来院されました。本来肛門がある位置に穴がなく、鎖肛と診断し …

症例9 消化管内異物【救急科】

9ヶ月齢のヨークシャーテリアのわんちゃんで、嘔吐と元気食欲低下を主訴に夜間救急外来で来院されました。血液検査ではあまり大きな異常は認めませんでしたが、検査を進めていくと腹部レントゲン検査において消化管 …

症例15 レッグペルテス病【整形外科】

今週はわんちゃんのレッグペルテス病に対する手術がありました。 去勢手術を予定し来院された7ヶ月のキャバリア・キングチャールズ・スパニエルのわんちゃんでしたが、お話を伺うと1、2ヶ月前から右後肢の跛行( …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ