さいとう動物病院富岡総合医療センター 年中無休 夜11時まで

年中無休|23時まで受付|CT完備

病院からのお知らせ

症例情報

症例情報

症例28 前十字靭帯断裂【整形外科】

投稿日:

5歳のトイプードルのわんちゃんで、急な左後肢の跛行を主訴に来院されました。検査の結果、左後肢は膝蓋骨内方脱臼を伴う前十字靭帯疾患と診断しました。また右後肢にも軽度の膝関節不安定性が認められ、慢性経過の前十字靭帯疾患が存在すると考えられました。まず症状の強い左後肢に対して手術を行うこととなりました。

 手術は膝蓋骨脱臼と前十字靭帯断裂両者に対して術式を組み合わせて実施しました。前十字靭帯は完全断裂を認めましたが、半月板は幸いにも損傷を認めませんでした。滑車溝の造溝術、TPLOを実施し手術終了としました。

 手術には全身麻酔が必要であり、また骨に対する手術は侵襲が強いことが多く痛みも強くなります。米国獣医麻酔疼痛管理専門医の小田先生管理のもと、徹底した疼痛管理を行って頂き無事に麻酔、手術を終えることができました。

術後の体調も問題なく回復し、翌日には元気にご飯も食べることができました。数ヶ月後には元気に歩けるよう回復してくれると思います。

 

 前十字靭帯疾患の外科的治療において、ここ20数年で近位脛骨骨切り術が主流となってきました。その中にも多くの手技が報告されており、当院で多く選択する手技としてTPLO(Tibial Plateau Leveling Osteotomy)と、CBLO(CORA Based Leveling Osteotomy)があります。TPLOは最もデータが多く安定した手技であり、CBLOも近年データが増えつつあります。コンピューターモデルでは多少の力学的違いが認められているものの、どちらが優れているというものでは現状なく、状況に応じて選択をし、どちらの手術を選択した場合においても良好な結果が得らています。手術前にはそれぞれ飼主様に現状と選択肢、予後をお伝えし、一緒に計画を立てていきます。

 

【術前レントゲン】

【術後レントゲン】

 

【参照文献】

Putame G, Terzini M, Bignardi C, et al. Surgical treatments for canine anterior cruciate ligament rupture: assessing functional recovery through multibody comparative analysis. Frontiers in bioengineering and biotechnology 2019;7:180.

 

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

症例1 橈尺骨骨折【整形外科】

6ヶ月トイプードル ソファからのジャンプをして足を痛めたとのことで来院されたワンちゃん。 右の橈尺骨(腕の骨)の骨折が認められたので、手術を行いました。 手術では骨を元の形にあわせ、プレート固定(金属 …

症例26 前十字靭帯断裂【整形外科】

最近は前十字靭帯断裂のわんちゃんの来院が続いています。 11歳のわんちゃんで、左後肢の跛行(びっこ)を主訴に来院されました。身体検査、整形学的検査、レントゲン検査の結果、左後肢は膝蓋骨内方脱臼を伴う前 …

症例18 鎖肛【軟部外科】

今回は猫ちゃんの先天性疾患に対する手術がありました。生後1ヶ月の猫ちゃんで肛門がないとのことで来院され、鎖肛(生まれつき肛門がうまく形成されない疾患)と診断しました。本来の位置に肛門は認められませんで …

症例19 骨盤骨折【整形外科】

今週は交通事故の患者さんの来院が続きました。 2歳のわんちゃんで、交通事故による骨盤骨折の治療を希望され来院されました。 骨盤は左右で骨折しており、一部は股関節にも骨折線がかかっている状態でした。痛み …

症例24 前十字靭帯断裂【整形外科】

先週も前十字靭帯断裂のわんちゃんの手術がありました。 8歳のマルチーズのわんちゃんで、急な跛行(びっこ)を主訴に来院され、右後肢の前十字靭帯損傷が疑われました。不安定性が強く、外科的治療に進むこととな …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ