さいとう動物病院富岡総合医療センター 年中無休 夜11時まで

年中無休|23時まで受付|CT完備

病院からのお知らせ

症例情報

症例情報

#27 前十字靭帯断裂【整形外科】

投稿日:2021年10月5日 更新日:

前回に引き続き前十字靭帯断裂のわんちゃんの手術がありました。最近は前十字靭帯疾患の患者さんの来院が続いています。

13歳のヨーキーで、左後肢の跛行を主訴に来院されました。検査の結果、左後肢は膝蓋骨内方脱臼を伴う前十字靭帯疾患と診断しました。このわんちゃんは2年前に右後肢の前十字靭帯断裂に対して手術を受けており、今回残念ながら反対側の左後肢も発症してしまいました。高齢のわんちゃんですがとても元気な子で、飼主様と相談の結果外科手術に進むこととなりました。

 手術は先週の患者さん同様、膝蓋骨脱臼と前十字靭帯断裂両者に対して術式を組み合わせて実施しました。前十字靭帯は完全断裂を認め、内側半月板の損傷も認めたため半月板の部分切除及び滑車溝の造溝術、TPLOを実施しました。

 高齢患者でありさらに侵襲も強い手術ではありましたが、当院麻酔科医の松浦先生とも連携し徹底した疼痛管理のもと無事に手術を終えることができました。

 

 前十字靭帯疾患はわんちゃんに多い整形学的疾患の1つであり、靭帯機能の低下または損失の結果膝関節に不安定性が生じます。膝関節が不安定となった結果、半月板を損傷してしまうこともよくあります。半月板は大腿骨と脛骨の間にある平らな線維軟骨で、荷重の分散や衝撃の吸収といった役割を担っています。またそれ自体も関節の安定化装置の1つとして安定性に寄与しているとされています。前十字靭帯断裂患者では、33%~83%で初回手術時に半月板損傷があるとされています。犬の半月板はとても小さいため、損傷を認めた際には断裂し痛みの原因となっている部分を切除することが推奨されています。その後TPLOなどの膝関節の安定化手術を行うことで残る半月板を保護する効果も期待できます。しかしながらTPLOを行った後でも3~12%の患者で術後半月板損傷を起こすことが知られており、その場合には半月板損傷に対して再度手術が必要となることもあります。手術の前にはこのような可能性も含めしっかりとお伝えさせて頂けるよう心がけています。

 

【術前レントゲン】

【術後レントゲン】

 

【参照文献】

Lampart M, Knell S, Pozzi A. A new approach to treatment selection in dogs with cranial cruciate ligament rupture: patient-specific treatment recommendations.

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

#21 橈尺骨骨折【整形外科】

高所から飛び降りた後からの右前肢挙上を主訴に来院されたわんちゃん。3年前に他院で右橈尺骨(前腕の骨)骨折を治療してあり、これまで問題なく運動できていたとのことでした。レントゲンを撮影すると、以前に設置 …

#28 前十字靭帯断裂【整形外科】

5歳のトイプードルのわんちゃんで、急な左後肢の跛行を主訴に来院されました。検査の結果、左後肢は膝蓋骨内方脱臼を伴う前十字靭帯疾患と診断しました。また右後肢にも軽度の膝関節不安定性が認められ、慢性経過の …

#14 橈側手根骨脱臼【整形外科】

今週はわんちゃんの手根関節(手首の関節)の手術がありました。 8歳のトイプードルのわんちゃんで、高所から落下し左前肢を痛がって挙上しているとのことで来院されました。手首が軽度に腫れており、レントゲンを …

#18 鎖肛【軟部外科】

今回は猫ちゃんの先天性疾患に対する手術がありました。生後1ヶ月の猫ちゃんで肛門がないとのことで来院され、鎖肛(生まれつき肛門がうまく形成されない疾患)と診断しました。本来の位置に肛門は認められませんで …

#36 大腿骨骨折【整形外科】

今年に入り骨折の患者様が続いています。多くは小型のわんちゃん猫ちゃんですが、時折大きなわんちゃんも骨折で来院されます。 1歳の秋田犬で24kgのわんちゃん、車との接触事故で来院されました。左の大腿骨( …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ