さいとう動物病院 年中無休 夜11時まで

年中無休|23時まで受付|CT完備

お知らせ

症例情報

症例24 前十字靭帯断裂【整形外科】

投稿日:

先週も前十字靭帯断裂のわんちゃんの手術がありました。

8歳のマルチーズのわんちゃんで、急な跛行(びっこ)を主訴に来院され、右後肢の前十字靭帯損傷が疑われました。不安定性が強く、外科的治療に進むこととなりました。また膝蓋骨内方脱臼も併発していたため、同時に整復することとしました。

当院では小型犬においても、可能な場合には以前ご紹介させて頂いたTPLOという骨矯正手術を第一選択にご提案させて頂いております。しかしながら今回のわんちゃんでは、患肢のレントゲン撮影を行いプランニングする段階で脛骨高平部角度(すねの骨の膝関節部分における平面が長軸に対して傾いている角度)が大きく角変形を伴っていると考えられたため、CBLO( CORA Based Leveling Osteotomy)という別の骨矯正手術を選択しました。

関節内を探索すると、前十字靭帯は完全断裂していました。また半月板も部分的に損傷しており、部分切除が必要でした。関節内をクリーニングした後、滑車溝形成術(膝のお皿がはまっている溝を深くする手術)、CBLOを実施しました。

手術に際しては全身麻酔が必要となり、また関節の手術は痛みも強くなることが多いですが、当院の麻酔医である松浦獣医師により局所麻酔を含む徹底した疼痛管理が行われ、無事に麻酔、手術が終了しました。術後の体調も問題なく回復し、翌日には自力で食事も摂ることができました。3日後には退院し、1週間後の検診時点で足を着き歩くことが可能でした。数ヶ月後には元気に歩けるようになってくれると思います。

 

前十字靭帯断裂は中〜大型犬だけでなく、小型犬においても一般的に認められる整形学的疾患です。以前にもご紹介させて頂いた通り、様々な手術方法があり今もなお議論がなされています。その中で骨矯正手術は比較的成績が良いことが知られており、TPLOやTTAという手術は世界的に広く受け入れられています。しかしながらこれらの手技も絶対的なものではなく、患者の状態や骨の形状に応じて考慮すべき点が多々あります。今回のわんちゃんのように脛骨高平部角度が大きい患者では、TPLO単独での手術は合併症発生リスクが高くなる可能性があることが報告されています。代替手技も多く提唱されていますが、CBLOはその中の1つです。まだTPLOほど世界的にも報告は多くないですが、良好な回復が期待できます。当院ではそれぞれの患者さんの状況に応じて最適と思われる治療を提供できる体制と準備を整えていけるよう努めています。ご不明な点は当院獣医師までご質問ください。

【術前画像】

【術後画像】

 

【参照文献】

1. Duerr FM, Duncan CG, Savicky RS, et al. Comparison of surgical treatment options for cranial cruciate ligament disease in large‐breed dogs with excessive tibial plateau angle. Veterinary Surgery 2008;37:49-62.

2. Frederick SW, Cross AR. Modified cranial closing wedge osteotomy for treatment of cranial cruciate ligament insufficiency in dogs with excessive tibial plateau angles: Technique and complications in 19 cases. Veterinary surgery 2017;46:403-411.

3. Raske M, Hulse D, Beale B, et al. Stabilization of the CORA based leveling osteotomy for treatment of cranial cruciate ligament injury using a bone plate augmented with a headless compression screw. Veterinary Surgery 2013;42:759-764.

4. Kishi EN, Hulse D. Owner evaluation of a cora‐based leveling osteotomy for treatment of cranial cruciate ligament injury in dogs. Veterinary Surgery 2016;45:507-514.

 

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

症例10 膝蓋骨内方脱臼【整形外科】

今週は膝蓋骨内方脱臼のわんちゃんの手術がありました。 4歳のわんちゃんで、右後肢を挙上している(ケンケンしている)とのことで来院されました。身体検査で右膝のお皿の骨(膝蓋骨)が内側に外れる様子を確認し …

症例18 鎖肛【軟部外科】

今回は猫ちゃんの先天性疾患に対する手術がありました。生後1ヶ月の猫ちゃんで肛門がないとのことで来院され、鎖肛(生まれつき肛門がうまく形成されない疾患)と診断しました。本来の位置に肛門は認められませんで …

症例23 鎖肛【軟部外科】

当院には先天性の病気を持ったわんちゃん猫ちゃんも時折来院されます。 今回は1ヶ月齢の秋田犬のわんちゃんで、便が出ない、排便時に痛がるとの主訴で来院されました。本来肛門がある位置に穴がなく、鎖肛と診断し …

症例13 褐色細胞腫【腫瘍外科】

今週はわんちゃんの褐色細胞腫の手術がありました。 褐色細胞腫というのは、副腎にできる腫瘍の1つです。副腎はお腹の中、左右の腎臓の横にそれぞれ1つずつ存在する小さな臓器(通常10mm×5mmくらい)で、 …

症例20 骨盤骨折【整形外科】

先月は交通事故の患者さんの来院が続き、骨盤骨折の手術が重なりました。 7歳のフレンチブルドッグのわんちゃんで、交通事故による骨盤骨折と診断され当院に紹介で来院されました。骨盤は右の腸骨体及び左の坐骨、 …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ