さいとう動物病院富岡総合医療センター 年中無休 夜11時まで

年中無休|23時まで受付|CT完備

病院からのお知らせ

症例情報

症例情報

#23 鎖肛【軟部外科】

投稿日:2021年8月20日 更新日:

当院には先天性の病気を持ったわんちゃん猫ちゃんも時折来院されます。

今回は1ヶ月齢の秋田犬のわんちゃんで、便が出ない、排便時に痛がるとの主訴で来院されました。本来肛門がある位置に穴がなく、鎖肛と診断しました。以前ご紹介したように鎖肛には4つの型があり、今回のわんちゃんはⅡ型の鎖肛と考えられました。

治療としては、塞がっている肛門を開通させる肛門形成術を行います。会陰部を切開し、盲端になっている直腸と膣に繋がっている瘻管を特定し、開口させた上で縫合します。

手術に際しては全身麻酔が必要となり、特に体の機能が未成熟な幼齢動物では麻酔のリスクが高くなります。当院の麻酔医である松浦先生と連携を取り、無事に手術を終えることができました。目覚めも良く、当日の夜には排便が可能でした。

 

鎖肛は稀に認められる先天性疾患です。犬、猫ともに罹患する可能性があり、犬では雄よりも雌で約1.8倍発生率が高いと報告されています。病気の型によりますが、Ⅱ型の発生が多く、治療には肛門形成術が必要となる場合がほとんどです。手術せざるをえない状況であることが多いものの、Ⅰ型、Ⅱ型の場合には術後も長期で生存できる可能性があります。しかしながらどんな手術にも合併症発生のリスクがあります。過去の報告では肛門形成術を受けた動物の全頭が術後数日から数週間の便失禁を認めており、多くは改善するものの30%程度の確率で時間がたった後も便失禁が続いたとされています。当院でも手術前には可能な限り詳細に情報をお伝えできるよう努めておりますので、ご不明な点がある方は当院獣医師までご質問ください。

 

【術前画像】

【術後画像】

【参照文献】

1. Ellison GW, Papazoglou LG. Long-term results of surgery for atresia ani with or without anogenital malformations in puppies and a kitten: 12 cases (1983–2010). Journal of the American Veterinary Medical Association 2012;240:186-192.

 

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

#26 前十字靭帯断裂【整形外科】

最近は前十字靭帯断裂のわんちゃんの来院が続いています。 11歳のわんちゃんで、左後肢の跛行(びっこ)を主訴に来院されました。身体検査、整形学的検査、レントゲン検査の結果、左後肢は膝蓋骨内方脱臼を伴う前 …

#33 膝蓋骨内方脱臼【整形外科】

 先月になりますが、膝蓋骨内方脱臼のわんちゃんの手術がありました。  5歳のトイプードルで、右後肢を時々挙上する(ケンケンする)とのことで来院されました。お話を伺うと、左後肢も時折挙上しているとのこと …

#6 前十字靭帯断裂【整形外科】

今週は前十字靭帯断裂のわんちゃんの手術が続きました。 15歳のわんちゃんで、左後肢を跛行(びっこ)しているとのことで来院されました。身体検査で左膝関節の不安定性(Drawer徴候、Tibial thr …

#22 レッグペルテス病【整形外科】

11ヶ月のわんちゃん、左後肢の跛行で来院されました。患肢は挙上している時間も多く、右後肢に比べ左後肢は筋量も低下していました。整形学的検査、レントゲン検査の結果、左大腿骨頭の骨折を認め、原因としてレッ …

#9 消化管内異物【救急科】

9ヶ月齢のヨークシャーテリアのわんちゃんで、嘔吐と元気食欲低下を主訴に夜間救急外来で来院されました。血液検査ではあまり大きな異常は認めませんでしたが、検査を進めていくと腹部レントゲン検査において消化管 …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ