さいとう動物病院富岡総合医療センター 年中無休 夜11時まで

年中無休|23時まで受付|CT完備

病院からのお知らせ

症例情報

症例情報

症例22 レッグペルテス病【整形外科】

投稿日:

11ヶ月のわんちゃん、左後肢の跛行で来院されました。患肢は挙上している時間も多く、右後肢に比べ左後肢は筋量も低下していました。整形学的検査、レントゲン検査の結果、左大腿骨頭の骨折を認め、原因としてレッグペルテス病が考えられました。外科適応の状態であることから、大腿骨頭頚部切除術を計画しました。

左股関節にアプローチすると、変形し骨折した大腿骨頭が確認できました。予定通り骨頭頚部切除術を実施し、手術終了としました。

レッグペルテス病は大腿骨頭へ血液を供給する血管が成長期にうまく発達しないまたは退縮してしまうことで先端の骨や軟骨組織に壊死が起こると考えられている病気であり、残念ながら自然治癒する疾患ではありません。多くは外科的治療が必要となり、その一つとして大腿骨頭頚部切除術は従来から一般的に選択される術式です。歩行機能の回復には時間がかかり、積極的なリハビリが必要なこともありますが、痛みを取り除くことで日常的な運動は可能となります。しかしながら患肢はやや短縮し、運動機能障害が続く場合もあります。代替の治療方法として人工関節による股関節全置換術も小動物において発展してきていますが、残念ながらまだどこの地域でも一般的に実施できる方法ではありません。当院では現時点で大腿骨頭頚部切除術を第一選択としていますが、そのメリット、予後やリスクに関するインフォームドコンセントを徹底し、理学療法や東洋医療も含めたサポート体制の構築に注力しています。

 

【術前画像】

【術後画像】

【参照文献】

1. Colvero ACT, Schwab ML, Ferrarin DA, et al. Physical therapy treatment in the functional recovery of dogs submitted to head and femoral neck ostectomy: 20 cases. Ciência Rural 2020;50.

2. JAHANDIDEH A, TABARY PZ. Comparison of Results of Total Hip Replacement (THR) with Femoral Head Ostectomy (FHO) in dogs-Review of Literatures.

3. Piek C, Hazewinkel H, Wolvekamp W, et al. Long term follow‐up of avascular necrosis of the femoral head in the dog. Journal of small animal practice 1996;37:12-18.

 

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

症例31 前十字靭帯断裂【整形外科】

今回は8歳のチワワのわんちゃんで、1年前から続く右後肢の跛行を主訴に来院されました。右後肢は下腿部が内旋し、跛行及び間欠的な挙上を認めていました。検査の結果、膝蓋骨内方脱臼を伴う前十字靭帯疾患と診断し …

症例16 橈尺骨骨折【整形外科】

今週は猫ちゃんの橈尺骨骨折の手術がありました。 10歳の猫ちゃんで、交通事故による左橈尺骨(前腕部分)の骨折を認めました。前腕部分には橈骨と尺骨という2本の骨がありますが、両者とも折れてしまっていたた …

症例20 骨盤骨折【整形外科】

先月は交通事故の患者さんの来院が続き、骨盤骨折の手術が重なりました。 7歳のフレンチブルドッグのわんちゃんで、交通事故による骨盤骨折と診断され当院に紹介で来院されました。骨盤は右の腸骨体及び左の坐骨、 …

症例4 橈尺骨骨折【整形外科】

今週は犬の橈尺骨骨折の手術を行いました。 6ヶ月のトイプードルのわんちゃんで、高所から落下し左前肢を痛がり挙上するとのことで来院されました。検査の結果、左橈尺骨(前腕部分)の骨折を認め、外科手術に進む …

症例3 前十字靭帯断裂【整形外科】

今週は犬の前十字靭帯断裂患者の手術を行いました。 8歳のトイプードルのわんちゃんで、散歩中に急に右後肢を跛行(びっこ)し始めたとのことで来院されました。検査の結果、前十字靭帯断裂と膝蓋骨内方脱臼を認め …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ