さいとう動物病院富岡総合医療センター 年中無休 夜11時まで

年中無休|23時まで受付|CT完備

病院からのお知らせ

症例情報

症例情報

#38 橈尺骨複雑骨折【整形外科】

投稿日:2022年6月2日 更新日:

2歳の猫ちゃん、ベランダから転落してしまい、橈尺骨(前腕の骨)の骨折を認めました。

幸いにも腕以外に大きなケガはありませんでしたが、橈骨は複雑骨折となっており、外科手術に進むこととなりました。

手術は橈骨をロッキングプレートで、尺骨は通常のプレートで固定しました。橈骨の骨折は肘に近い部分で複雑に骨折しており大変な手術でしたが、当院麻酔科の松浦先生、動物看護師と協力し無事に手術を終えることができました。

術後は4週間、外固定も併用して安静管理を行い、骨も無事に癒合してくれました。先日術後3ヶ月の検診を終え、問題なく歩行もでき、治療終了となりました。

 

猫では犬に比べて皮質骨(外側の骨)が薄く、さらにより高い所からの落下事故も多いため、複雑骨折となることが多くあります。複雑骨折の際には骨の位置関係を修復した上で可能な限り侵襲を避け、生物学的癒合を目指すことが原則であり、ロッキングプレートは非常に役に立ちます。当院は外傷で来院される患者さんも多く、あらゆる状況に対応できるよう機材の準備をしています。ですが、何よりもこういった事故が少なくなることを願っています。

 

レントゲン画像

【術前】

 

【術後】

 

【参照文献】

 Scott H. Repair of long bone fractures in cats. In Practice 2005;27:390-397.

 

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

#8 環軸不安定症【神経外科】

先週は環軸不安定症の手術がありました。 2歳のトイプードルのわんちゃんで、運動後急に立てなくなったとのことで来院されました。来院時点で意識状態には問題ありませんでしたが四肢不全麻痺(前肢後肢ともに起立 …

#39 前十字靭帯断裂【整形外科】

8歳のトイプードルのわんちゃん、以前から右後肢の前十字靭帯部分断裂を診断していましたが、症状が極めて軽かったため保存的に管理していました。今回急に左の後ろ足を痛がり出したとの主訴で来院されました。左後 …

#22 レッグペルテス病【整形外科】

11ヶ月のわんちゃん、左後肢の跛行で来院されました。患肢は挙上している時間も多く、右後肢に比べ左後肢は筋量も低下していました。整形学的検査、レントゲン検査の結果、左大腿骨頭の骨折を認め、原因としてレッ …

#10 膝蓋骨内方脱臼【整形外科】

今週は膝蓋骨内方脱臼のわんちゃんの手術がありました。 4歳のわんちゃんで、右後肢を挙上している(ケンケンしている)とのことで来院されました。身体検査で右膝のお皿の骨(膝蓋骨)が内側に外れる様子を確認し …

#11 前十字靭帯断裂【整形外科】

今週も前十字靭帯断裂のわんちゃんの手術がありました。 13歳のわんちゃんで、左右両方の後肢の前十字靭帯損傷が疑われました。高齢のわんちゃんであり、どこまでの治療をしていくかとても悩ましいところでしたが …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ