さいとう動物病院富岡総合医療センター 年中無休 夜11時まで

年中無休|23時まで受付|CT完備

病院からのお知らせ

症例情報

症例情報

症例33 膝蓋骨内方脱臼【整形外科】

投稿日:

 先月になりますが、膝蓋骨内方脱臼のわんちゃんの手術がありました。

 5歳のトイプードルで、右後肢を時々挙上する(ケンケンする)とのことで来院されました。お話を伺うと、左後肢も時折挙上しているとのことでした。触診にて、両後肢とも膝蓋骨内方脱臼(膝のお皿が内側に外れる病気)を認めました。入念に検査を行い他の病気がないことを確認し、飼主様と相談の結果、両後肢同時に手術に進むこととなりました。

 手術は全身麻酔下で行います。体重2kgと小さなわんちゃんでしたが、当院麻酔科の獣医とも連携し徹底した疼痛管理、循環管理を行い問題なく手術を終えることができました。手術翌日から自力で起立、歩行し、1週間後には足を引きずったり挙上したりすることもなく元気に歩行できていました。現在手術から1ヶ月が経過しましたが、元気に運動できています。

 

膝蓋骨内方脱臼は犬でとても一般的な整形疾患です。前述の通り、大腿骨の上に乗っている膝のお皿が、内側に外れてしまう状態ですが、その外れ方にも個体差があります。よく用いられる分類は外れ方の程度を4段階で表すもので、手でお皿を押すと外れ離すと戻る一番軽い状態のGradeⅠ、膝を伸ばしたり手で押したりすると外れ、膝を曲げたり手で押し戻すと戻るGradeⅡ、普段は外れているものの手で押し戻すと戻り手を離すとまた外れるGradeⅢ、常に外れた状態で押しても戻らないGradeⅣに分類されます。症状の出方もその子その子のため、Gradeで治療方法が決まるわけではありません。ただし症状のなかったGradeⅡの患者(一般的に一番多いのがGradeⅡだと思います)において4年以内に50%が手術が必要だったまたは必要な症状が出たという報告もあり、当院でもそういったリスクをお伝えしつつその子に合った治療方法、観察方法をそれぞれの飼主様とご相談させてもらっています。

 

【術前画像】

【術後画像】

【参照文献】

 Hamilton L, Farrell M, Mielke B, et al. The natural history of canine occult Grade II medial patellar luxation: an observational study. Journal of Small Animal Practice 2020;61:241-246.

 

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

症例27 前十字靭帯断裂【整形外科】

前回に引き続き前十字靭帯断裂のわんちゃんの手術がありました。最近は前十字靭帯疾患の患者さんの来院が続いています。 13歳のヨーキーで、左後肢の跛行を主訴に来院されました。検査の結果、左後肢は膝蓋骨内方 …

症例12 腹腔内腫瘍【腫瘍外科】

今回は腫瘍外科についてです。9歳のわんちゃんで、数ヶ月前から徐々にお腹が膨らんできたとのことで来院されました。来院時、全身状態は良好で元気食欲もありましたが腹部の膨満を認め、レントゲン検査を行ったとこ …

症例17 前十字靭帯損傷【整形外科】

今回は前十字靭帯断裂のわんちゃんの手術についてです。 12歳のわんちゃんで、急な跛行(びっこ)を主訴に来院され、左後肢の前十字靭帯損傷が疑われました。跛行が強く、飼主様と相談の結果外科的治療に進むこと …

症例25 膝蓋骨内方脱臼【整形外科】

先週は膝蓋骨内方脱臼のわんちゃんの手術がありました。 2歳のポメラニアンのわんちゃんで、右後肢を時々挙上する(ケンケンする)とのことで来院されました。 右後肢では膝蓋骨(膝のお皿の骨)の内方脱臼を認め …

症例31 前十字靭帯断裂【整形外科】

今回は8歳のチワワのわんちゃんで、1年前から続く右後肢の跛行を主訴に来院されました。右後肢は下腿部が内旋し、跛行及び間欠的な挙上を認めていました。検査の結果、膝蓋骨内方脱臼を伴う前十字靭帯疾患と診断し …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ