さいとう動物病院 年中無休 夜11時まで

年中無休|23時まで受付|CT完備

お知らせ

症例情報

症例19 骨盤骨折【整形外科】

投稿日:

今週は交通事故の患者さんの来院が続きました。

2歳のわんちゃんで、交通事故による骨盤骨折の治療を希望され来院されました。

骨盤は左右で骨折しており、一部は股関節にも骨折線がかかっている状態でした。痛みは強いものの幸い全身状態に異常はなく、明らかな内臓器の損傷なども認めませんでした。

手術は金属製のプレートとスクリューを用いて骨折部位を固定しました。受傷から時間も経過しており難航が予測されましたが、骨の状態は比較的良好であり無事に骨折箇所を整復することができました。

手術に際しては全身麻酔が必要となります。今回は複数箇所を手術する必要がありとても長時間の全身麻酔となり、また痛みもとても強いと予測されるものでしたが、米国獣医麻酔疼痛管理専門医の小田先生管理のもと、局所麻酔と投薬による徹底した疼痛管理と共に無事に麻酔、手術を終えることができました。

術後の体調も問題なく回復し、翌日には食欲も回復してくれました。神経機能も損なうことなく、術後3日で起立できるようになりました。

 

犬や猫における骨盤骨折は、多くの場合交通事故や高所からの落下事故など、強い外力が加わった場合に発生します。そして骨盤骨折の大部分では外科的治療が必要になります。また外傷性に骨盤骨折を認めた患者では、37%で何らかの腹腔内臓器損傷を認めたという報告もあり、骨折だけでなく損傷を受けた臓器に対しても加療が必要なケースが多くあります。状況によっては命に危険が及ぶこともあるため、適切な初期判断及び対応と外科的介入に進むタイミングの判断が求められます。しかしながら一般的に、適切に対応がなされれば生存退院率は比較的良好(約90%)です。ただし、もちろん事故の発生を防ぐことに注力することが大前提です。ご不明な点があれば、当院獣医師までご質問ください。

 

【術前レントゲン】

【術後レントゲン】

 

【参照文献】

1. Hoffberg JE, Koenigshof AM, Guiot LP. Retrospective evaluation of concurrent intra‐abdominal injuries in dogs with traumatic pelvic fractures: 83 cases (2008–2013). Journal of veterinary emergency and critical care 2016;26:288-294.

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

症例21 橈尺骨骨折【整形外科】

高所から飛び降りた後からの右前肢挙上を主訴に来院されたわんちゃん。3年前に他院で右橈尺骨(前腕の骨)骨折を治療してあり、これまで問題なく運動できていたとのことでした。レントゲンを撮影すると、以前に設置 …

症例25 膝蓋骨内方脱臼【整形外科】

先週は膝蓋骨内方脱臼のわんちゃんの手術がありました。 2歳のポメラニアンのわんちゃんで、右後肢を時々挙上する(ケンケンする)とのことで来院されました。 右後肢では膝蓋骨(膝のお皿の骨)の内方脱臼を認め …

症例20 骨盤骨折【整形外科】

先月は交通事故の患者さんの来院が続き、骨盤骨折の手術が重なりました。 7歳のフレンチブルドッグのわんちゃんで、交通事故による骨盤骨折と診断され当院に紹介で来院されました。骨盤は右の腸骨体及び左の坐骨、 …

症例13 褐色細胞腫【腫瘍外科】

今週はわんちゃんの褐色細胞腫の手術がありました。 褐色細胞腫というのは、副腎にできる腫瘍の1つです。副腎はお腹の中、左右の腎臓の横にそれぞれ1つずつ存在する小さな臓器(通常10mm×5mmくらい)で、 …

症例15 レッグペルテス病【整形外科】

今週はわんちゃんのレッグペルテス病に対する手術がありました。 去勢手術を予定し来院された7ヶ月のキャバリア・キングチャールズ・スパニエルのわんちゃんでしたが、お話を伺うと1、2ヶ月前から右後肢の跛行( …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ