さいとう動物病院 年中無休 夜11時まで

年中無休|23時まで受付|CT完備

お知らせ

症例情報

症例18 鎖肛【軟部外科】

投稿日:

今回は猫ちゃんの先天性疾患に対する手術がありました。生後1ヶ月の猫ちゃんで肛門がないとのことで来院され、鎖肛(生まれつき肛門がうまく形成されない疾患)と診断しました。本来の位置に肛門は認められませんでしたが、検査の結果、直腸から膣に瘻管が繋がっており、そこから液状の便を排泄できていました。患者自身の全身状態は問題なく元気であったため、手術での治療に進むこととなりました。

肛門が全く認められないタイプの鎖肛に対する手術は、新しく肛門を作り直す肛門形成術を行います。今回の患者さんでも、瘻管を利用して肛門を本来の位置に形成しました。

手術に際しては全身麻酔が必要となります。特に体の機能が未成熟な幼齢動物では麻酔のリスクが高く、術前から術後まで慎重な管理が必要です。今回は米国獣医麻酔疼痛管理専門医の小田先生に遠隔での麻酔管理を行なって頂き、無事に手術を終えることができました。目覚めも良く、2時間後には摂食も可能でした。数日の入院の後、元気に退院することができました。

 

鎖肛は稀に認められる先天性疾患です。大規模な報告はないため発生率は不明ですが、犬でも猫でも発生し、犬では雄に比べて雌で発生率が高いとされています。肛門が狭窄しているタイプ1、肛門がなく直腸が体表付近で盲端になっている(瘻管を伴う場合が一般的)タイプ2、タイプ2よりもさらに深い位置で直腸が盲端になっているタイプ3、肛門はあるが腹腔内で腸との連続性が欠如しているタイプ4に分類されます。タイプによって治療方法が多少異なりますが、タイプ1、2では比較的良好な予後が期待できます。しかしながら術後に生涯にわたって便失禁が続くケースなどもあり、当院でも手術前にしっかりとインフォームドコンセントを行い病気についてご理解頂けるよう努めています。ご不明な点がある場合は、当院獣医師までお問い合わせください。

 

【術前画像】

【術後画像】

【参照文献】

1. Ellison GW, Papazoglou LG. Long-term results of surgery for atresia ani with or without anogenital malformations in puppies and a kitten: 12 cases (1983–2010). Journal of the American Veterinary Medical Association 2012;240:186-192.

2. Jardel N, Vallefuco R, Viateau V. A fistula flap technique for correction of type II atresia ani and rectovaginal fistula in 6 kittens. Veterinary Surgery2013;42:180-185.

3. Mahler S, Williams G. Preservation of the fistula for reconstruction of the anal canal and the anus in atresia ani and rectovestibular fistula in 2 dogs. Vet Surg 2005;34:148-152.

4. Rahal SC, Vicente CS, Mortari AC, et al. Rectovaginal fistula with anal atresia in 5 dogs. Can Vet J 2007;48:827-830.

5.Papazoglou LG, Ellison GW. Atresia ani in dogs and cats. A bird’s-eye view of veterinary medicine, Eds, Perez-Martin CC, InTech, Croatia pp2012:179-198.

 

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

症例11 前十字靭帯断裂【整形外科】

今週も前十字靭帯断裂のわんちゃんの手術がありました。 13歳のわんちゃんで、左右両方の後肢の前十字靭帯損傷が疑われました。高齢のわんちゃんであり、どこまでの治療をしていくかとても悩ましいところでしたが …

症例19 骨盤骨折【整形外科】

今週は交通事故の患者さんの来院が続きました。 2歳のわんちゃんで、交通事故による骨盤骨折の治療を希望され来院されました。 骨盤は左右で骨折しており、一部は股関節にも骨折線がかかっている状態でした。痛み …

【術後】

症例2 上腕骨外顆骨折【整形外科】

散歩中に高所から飛び降り、その後左の前足を挙上するとのことで来院されたワンちゃん。 左の上腕骨の肘に接する部分に骨折を認め、外科手術を行いました。 関節に接する骨折は少しのズレが大きな影響となるため、 …

症例13 褐色細胞腫【腫瘍外科】

今週はわんちゃんの褐色細胞腫の手術がありました。 褐色細胞腫というのは、副腎にできる腫瘍の1つです。副腎はお腹の中、左右の腎臓の横にそれぞれ1つずつ存在する小さな臓器(通常10mm×5mmくらい)で、 …

症例7 前十字靭帯断裂【整形外科】

先日は前十字靭帯断裂の患者さんが続き、1日に2件の前十字靭帯断裂に対する手術を行いました。 2件目は9歳のわんちゃんで、左後肢を跛行(びっこ)しているとのことで来院されました。身体検査で左膝関節のDr …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ