さいとう動物病院富岡総合医療センター 年中無休 夜11時まで

年中無休|23時まで受付|CT完備

病院からのお知らせ

症例情報

症例情報

#12 腹腔内腫瘍【腫瘍外科】

投稿日:2021年5月19日 更新日:

今回は腫瘍外科についてです。9歳のわんちゃんで、数ヶ月前から徐々にお腹が膨らんできたとのことで来院されました。来院時、全身状態は良好で元気食欲もありましたが腹部の膨満を認め、レントゲン検査を行ったところ腹腔内に大きな占拠病変を認めました。超音波検査では、病変は腫瘍であることが疑われましたが、大きすぎるためにどの臓器由来の腫瘍か判断がつきませんでした。そのため、より詳しい状態把握を目的にCT検査に進みました。検査の結果、腫瘍病変は子宮由来であることが疑われ、開腹での摘出に進むこととなりました。

開腹すると、腹腔内は大きな腫瘍で占められ、他の臓器が圧迫を受けている状態でした。しかしながら幸いにも腫瘍は周囲組織との癒着も認めず、スムーズに摘出することが可能でした。腫瘍は当初の予測通り、子宮から発生したものでした。

手術に際しては全身麻酔が必要となります。腹腔内に大きな病変のある動物では特にリスクが伴うことがありますが、米国獣医麻酔疼痛管理専門医の小田先生管理のもと、徹底した疼痛管理と循環管理もあり無事に麻酔、手術を終えることができました。

大きな手術でしたがわんちゃんもとてもよく頑張ってくれ、術後の体調も問題なく回復し退院できました。

 

子宮の腫瘍は犬や猫では多くありませんが稀に発生し、腫瘍疾患全体の0.3~0.4%とされています1。良性のものであれば平滑筋腫や線維腫、腺腫、悪性であれば腺癌、平滑筋肉腫、リンパ腫、複合癌などが報告されています。子宮由来の腫瘍であれば、外科的切除が第一選択となりますが、患者の状態、転移の有無などを総合的に判断し手術に進むかどうかを相談させて頂く必要があります。

動物でも人と同じように、腫瘍ができることがあります。体表にできたものでは比較的発見がしやすいですが、お腹の中や胸の中など、体内にできたものでは症状が明らかになるまでなかなか見つけられないことも多くあります。今回のように大きな腫瘍でも本人は元気、ということもあるため、少しでも異常を感じた際には早めに検査に進み、状態を把握してあげることが大切です。

【術前レントゲン】

【参照文献】

1. Krimer PM, Miller DM. Uterine cytology. Veterinary Cytology 2020:559-581.

 

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

#17 前十字靭帯損傷【整形外科】

今回は前十字靭帯断裂のわんちゃんの手術についてです。 12歳のわんちゃんで、急な跛行(びっこ)を主訴に来院され、左後肢の前十字靭帯損傷が疑われました。跛行が強く、飼主様と相談の結果外科的治療に進むこと …

#7 前十字靭帯断裂【整形外科】

先日は前十字靭帯断裂の患者さんが続き、1日に2件の前十字靭帯断裂に対する手術を行いました。 2件目は9歳のわんちゃんで、左後肢を跛行(びっこ)しているとのことで来院されました。身体検査で左膝関節のDr …

#37 前十字靭帯断裂【整形外科】

12歳4ヶ月の柴犬のわんちゃん、散歩中に左の後ろ足を痛めてしまい、来院されました。痛めた足はつま先だけしか地面に着けられない様子で、触診すると膝に痛みがあることがわかりました。整形学的検査、レントゲン …

#5 橈尺骨骨折【整形外科】

先週に引き続き、今週も犬の橈尺骨骨折の手術がありました。 5ヶ月のトイプードルのわんちゃんで、体重は2kgと小さな子で下。落下後からの右前肢挙上のため来院され、検査の結果右橈尺骨(前腕部分)の骨折を認 …

#16 橈尺骨骨折【整形外科】

今週は猫ちゃんの橈尺骨骨折の手術がありました。 10歳の猫ちゃんで、交通事故による左橈尺骨(前腕部分)の骨折を認めました。前腕部分には橈骨と尺骨という2本の骨がありますが、両者とも折れてしまっていたた …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ