さいとう動物病院 年中無休 夜11時まで

年中無休|23時まで受付|CT完備

お知らせ

症例情報

症例4 橈尺骨骨折

投稿日:

今週は犬の橈尺骨骨折の手術を行いました。

6ヶ月のトイプードルのわんちゃんで、高所から落下し左前肢を痛がり挙上するとのことで来院されました。検査の結果、左橈尺骨(前腕部分)の骨折を認め、外科手術に進むこととなりました。

手術はまず受傷部を切開し、骨折部位を確認します。そして折れた骨を元の位置に整復した後、金属製のプレートとスクリュー(ねじ)で固定します。今回は小型のわんちゃんで、血流量の少ない前腕部の骨折でもあり、チタン製のロッキングプレートを用いて固定を行いました。

手術に際して強い痛みが想定されるため、全身麻酔および局所麻酔による徹底した疼痛管理が必要となります。米国獣医麻酔疼痛管理専門医である小田先生指導のもと麻酔管理、疼痛管理を行い、問題なく手術を終えることができました。術後の痛みも少なく元気に回復してくれました。

術後しばらくは安静が必要ですが、数ヶ月後には元通り元気に運動ができるようになってくれると思います。

 

橈尺骨の骨折は小型犬で多く認められ、特に遠位部分での骨折が頻繁に発生します。治療方法として原則的には外科的な整復が必要とされており、多くは金属製のプレートを用いた内固定法や、ピンと固定具を用いた創外固定法が適応となります。時には外固定(ギブス、バンデージなど)のみの保存的な治療も適応となる場合がありますが、外固定のみの治療では80%以上で重篤な合併症(癒合不全、変形癒合、機能障害など)が発生すると報告されており推奨されていません。それに対して上記の内固定法や創外固定法といった外科的整復での合併症発症率は6%以下であるとされています。当院では動物の将来に運動機能の障害が残ってしまうことのないよう、このようなエビデンスに基づき外科的な整復を第一選択としてご提案させて頂いております。しかしながらその子その子で骨折の部位、折れ方は様々なため、それぞれに合った最適な方法を飼い主様とご相談させて頂くことが大前提です。お困りのことがございましたら、獣医師までご相談ください。

 

 

レントゲン画像

【術前】

【術後】

 

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

【術後】

症例 上腕骨外顆骨折

散歩中に高所から飛び降り、その後左の前足を挙上するとのことで来院されたワンちゃん。 左の上腕骨の肘に接する部分に骨折を認め、外科手術を行いました。 関節に接する骨折は少しのズレが大きな影響となるため、 …

症例3 前十字靭帯断裂

今週は犬の前十字靭帯断裂患者の手術を行いました。 8歳のトイプードルのわんちゃんで、散歩中に急に右後肢を跛行(びっこ)し始めたとのことで来院されました。検査の結果、前十字靭帯断裂と膝蓋骨内方脱臼を認め …

症例8 環軸不安定症

先週は環軸不安定症の手術がありました。 2歳のトイプードルのわんちゃんで、運動後急に立てなくなったとのことで来院されました。来院時点で意識状態には問題ありませんでしたが四肢不全麻痺(前肢後肢ともに起立 …

症例5 橈尺骨骨折

先週に引き続き、今週も犬の橈尺骨骨折の手術がありました。 5ヶ月のトイプードルのわんちゃんで、体重は2kgと小さな子で下。落下後からの右前肢挙上のため来院され、検査の結果右橈尺骨(前腕部分)の骨折を認 …

症例6 前十字靭帯断裂

今週は前十字靭帯断裂のわんちゃんの手術が続きました。 15歳のわんちゃんで、左後肢を跛行(びっこ)しているとのことで来院されました。身体検査で左膝関節の不安定性(Drawer徴候、Tibial thr …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ