さいとう動物病院 年中無休 夜11時まで

年中無休|23時まで受付|CT完備

お知らせ

症例情報

症例3 前十字靭帯断裂【整形外科】

投稿日:2021年3月15日 更新日:

今週は犬の前十字靭帯断裂患者の手術を行いました。

8歳のトイプードルのわんちゃんで、散歩中に急に右後肢を跛行(びっこ)し始めたとのことで来院されました。検査の結果、前十字靭帯断裂と膝蓋骨内方脱臼を認め、外科手術に進むこととなりました。

手術は前十字靭帯の断裂に対してTPLO(脛骨高平部水平化骨切り術)、膝蓋骨内方脱臼に対して滑車溝造溝術をそれぞれ組み合わせて実施しました。

手術に際して全身麻酔が必要となりますが、今回は米国獣医麻酔疼痛管理専門医の小田先生にもお越し頂き、全身麻酔はもちろん、局所麻酔と投薬による徹底した疼痛管理のもと、無事に手術を終えることができました。手術は骨切り術も含む侵襲性の高いものでしたが、徹底した疼痛管理により術後の痛みも少なく元気に回復してくれました。数ヶ月後には元通り元気に運動ができるようになってくれると思います。

 

前十字靭帯疾患は犬で多くみられる疾患で、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(スネの骨)を繋いでいる前十字靭帯が部分断裂または完全断裂してしまうことで安定性を欠き、膝関節の可動時や負重時に関節がぐらつくことで痛みや不快感が生まれ、跛行(びっこ)が認められます。外傷や激しい運動をきっかけに発症することもありますが、その多くは日常生活の中で発症します。これは、線維の束である前十字靭帯が、少しずつ線維が切れていくことで徐々に脆弱化し、最終的に負荷に耐えられない程弱くなるまたは完全に断裂してしまった段階で重度の跛行を呈することになるためです。靭帯線維が損傷し始めるその根本的な原因は諸説あるものの、現時点でははっきりと解明されていません。すなわち、現段階で発症を予防する確実な方法はなく、基本的には発症してから治療を行うしかない疾患とされています。ただし、部分断裂の時点で発見し、早期に手術に進むことで完全断裂を防げる可能性はあるため、後肢の痛みや異常を感じた際には早めの検査、診断、治療をお勧めします。治療法についてはまた次回、お話させて頂きたいと思います。

【術前】

【術後】

-症例情報

執筆者:

関連のお知らせ

症例20 骨盤骨折【整形外科】

先月は交通事故の患者さんの来院が続き、骨盤骨折の手術が重なりました。 7歳のフレンチブルドッグのわんちゃんで、交通事故による骨盤骨折と診断され当院に紹介で来院されました。骨盤は右の腸骨体及び左の坐骨、 …

症例5 橈尺骨骨折【整形外科】

先週に引き続き、今週も犬の橈尺骨骨折の手術がありました。 5ヶ月のトイプードルのわんちゃんで、体重は2kgと小さな子で下。落下後からの右前肢挙上のため来院され、検査の結果右橈尺骨(前腕部分)の骨折を認 …

症例15 レッグペルテス病【整形外科】

今週はわんちゃんのレッグペルテス病に対する手術がありました。 去勢手術を予定し来院された7ヶ月のキャバリア・キングチャールズ・スパニエルのわんちゃんでしたが、お話を伺うと1、2ヶ月前から右後肢の跛行( …

症例13 褐色細胞腫【腫瘍外科】

今週はわんちゃんの褐色細胞腫の手術がありました。 褐色細胞腫というのは、副腎にできる腫瘍の1つです。副腎はお腹の中、左右の腎臓の横にそれぞれ1つずつ存在する小さな臓器(通常10mm×5mmくらい)で、 …

【術後】

症例2 上腕骨外顆骨折【整形外科】

散歩中に高所から飛び降り、その後左の前足を挙上するとのことで来院されたワンちゃん。 左の上腕骨の肘に接する部分に骨折を認め、外科手術を行いました。 関節に接する骨折は少しのズレが大きな影響となるため、 …

さいとう動物病院

さいとう動物病院

年中無休(年末年始を除き)
診察時間:9時~12時/15時~19時
土・日・祝日も診察
群馬県富岡市中高瀬117
0274-64-0854
安中市・高崎市・前橋市・藤岡市・吉井町からもアクセス良好です。
お電話でのお問い合わせ