再生医療


さいとう動物病院では、失われた体の機能を再生する再生医療にも取組んでいます。

動物の体には、さまざまな器官や臓器などに変化する(「分化する」といいます)細胞が存在します。この細胞は幹細胞(かんさいぼう)と呼ばれます。再生医療(幹細胞療法)とは、この細胞を体外で培養し、体内に戻してあげることで、失われた臓器や怪我の再生を行う治療法です。

ADSC_source

いずれも、自身の細胞をするため、副作用や拒絶反応などの心配がほとんどなく、体への負担が少ない点が特長です。

従来の治療法では完治や治療が困難であった病気や怪我も、再生医療によって、延命や回復を見込むことができます。

  • 幹細胞療法について
  • 幹細胞療法では、2種類の幹細胞を使用します。ひとつは骨髄に含まれる骨髄液中に存在する骨髄幹(こつずいかん)細胞、もうひとつは、皮下脂肪の中に含まれる脂肪幹(しぼうかん)細胞です。 これら骨髄や皮下脂肪由来の幹細胞は、骨や軟骨、筋肉や心筋細胞、そして血管を形づくる細胞に分化することが知られています。幹細胞療法は、これらの分化する能力を利用することで、自分の細胞から必要な器官や臓器を形成させることを目的とした治療法です。

どのような病気やケガに効果的か?

骨折・骨折癒合不全

幹細胞が骨の周囲にある骨膜(こつまく)や、骨細胞、また栄養を運ぶ血管に分化することで、骨折部位を修復します。

脊髄損傷

幹細胞が血管へ分化して、損傷部位の血流を回復することで、神経細胞の伸長を補助したり、骨髄全体の再形成を補助すると考えられます。

炎症性関節炎

関節部分の骨膜や軟骨部分が傷ついたりすると炎症を起こし、歩行が困難な関節炎になります。幹細胞を投与することで、関節に新たな軟骨や骨膜を形成させ、痛みをやわらげたり、炎症を回復させます。

ミニチュアダックスフントのリコちゃんのケース

山内リコちゃんの場合
提供:株式会社 J-ARM

間葉系幹細胞療法の仕組み

提供:株式会社 J-ARM